リン酸処理っていったい何をするの?

リン酸処理は、鉄鋼等の金属表面にリン酸亜鉛などの金属塩の皮膜を生成させる技術です。化成処理としては代表的な技術の一つになります。金属の表面に薄い被膜を生成させることによって、錆の防止効果が期待されます。他にもこの処理をすることで、金属表面に塗装した塗膜が剥離しにくくなることが知られています。表面に傷がついても、この処理をしておくことでサビが広がりにくくなるという効果もある技術です。

リン酸処理の代表的な工程を見てみましょう

処理の工程は、まず金属表面を洗うことから始めます。アルカリ脱脂剤などを使って洗い、水でよくすすぎます。きれいになったところで、リン酸処理を実施します。処理が終わった後も、よく水ですすぐのが重要です。最後に熱温風でしっかりと乾燥させて処理は終了になります。最初の洗浄やリン酸処理の工程は、処理効果を促進させるために加温されるのが普通です。防錆効果を高めたい場合などは、処理終了後に防錆油を塗布します。

メジャーなリン酸処理を知っておきましょう

リン酸処理の中でもっともよく使われているのが、りん酸亜鉛処理です。結晶性の被膜が形成される特徴があります。耐食性、密着性を大きく向上させる効果があるため、塗装の下地処理として広く利用されています。亜鉛メッキ素材や鉄鋼によく適用されるので、自動車を始めとする工業製品加工現場で採用されることが多いです。りん酸カルシウム処理を始め、他のリン酸処理と比べ処理温度が低いため、作業者が使いやすいという点でも採用されやすい処理になります。

リン酸処理は液体に製品を浸すことで表面をきれいにします。簡単な工程ですので大量生産がしやすいメリットがあります。